特定非営利活動法人 くらしサポート越後川口
【事務局】 〒949-7503 新潟県長岡市川口中山1441
川口きずな館内
TEL 0258-89-3620 / FAX 0258-89-3621

  2012/08/08(水) 笹だんごづくり 終了しました
時間 10:00-12:30
内容 地域の素材を使った手づくりの笹だんごでお盆のおもてなしやお土産に。
対象 親子・中高生・大人一般
講師 小林恵子さん(木沢)
参加費 1,000円

きずな館イベント「笹団子づくり」が行われました!
今日の講師は木沢集落の宿泊施設「やまぼうし」で料理を担当している小林恵子さんです!

小林さんが持ってきて下さった「笹団子の粉」は、
一般にスーパーなどで販売されている商品だそうで、
専用の粉が製造されていることに驚きました。
「色々な作り方がある中のひとつだと思ってください」
というお話でしたが、今回はこの粉を使って笹団子をつくります。




まず粉に少しずつ水を加えながら練っていき、
頃合いを見てよもぎを混ぜていきます。
よもぎは春先のものがやわらかくて良いとのことで、
今回はその時期に採っておき冷凍してあった物を使用しました。



そしてこねます。40分以上はひたすらこねます。
1人だと大変根気の要る作業ですが、みんなでやると楽しいですね。
家族で笹団子づくりをしてコミュニケーションを取るのも良さそうです。
「笹団子がいいお値段する理由がわかるね」と仰る参加者さんもいました。


インターンで参加した専門学校の生徒さんも全力でこねます。
「男手があるといいねー」と声が上がる一方で、
「女しょは大変だな」という男性からの声もありました。


生地が耳たぶくらいの柔らかさになったら手に油を付けて丸め、
先に20gずつまとめておいたあんこをだんごに入れたら





3枚の笹を使って丸め、菅(すげ)でしっかり包んでいきます。
その後15分程度蒸したら完成です!


今日のメニューは塩麹で漬けたきゅうり、トマトの酢漬け、
豆板醤で漬けたきゅうりの漬けものです。
どのお料理も、旬の夏野菜をたくさん食べるのに良い調理法ですね。


作り方のおさらいもそこそこに、



みんなでいただきます!

よもぎから出た天然の緑色がこんなにきれいです!
実は春に採りに行けない方のために、「よもぎの粉」という物も市販されているそうです。


ごちそうさまでした!


試食しなかった分も、おみやげとしてみなさんに持って帰っていただきました。

今回参加してくださったみなさん、ありがとうございました!
帰り際、8月19日に予定されている「胡桃の木の皮で作るオリジナルアクセサリー」に
参加申込してくださった方もたくさんいらっしゃいました。
リピーターさんが徐々に増えてきて、スタッフとしては嬉しい限りです♪
イベント情報は、
当ホームページ内「新着情報」に掲載しておりますのでぜひチェックしてみてください。
初めての方もご参加お待ちしておりますので、どうぞお気軽に事務局(0258-89-3620)まで
お問合せください!

| 個人情報保護法方針 サイトマップ トップページ
Copyright © The Life Support Npo in Kawaguchi. All rights reserved.