特定非営利活動法人 くらしサポート越後川口
【事務局】 〒949-7503 新潟県長岡市川口中山1441
川口きずな館内
TEL 0258-89-3620 / FAX 0258-89-3621

  2012/08/19(日) 胡桃の皮でつくるオリジナルアクセサリ― 終了しました
時間 10:00-12:30
内容 胡桃(くるみ)の幹の皮を素材に作るストラップやペンダントに。
対象

親子・中高生・大人一般

講師 真木昌子ラタンスクール インストラクター 近藤紀子さん(埼玉県在住)
参加費 500円
胡桃の皮でつくるオリジナルアクセサリー


この「かごバッグ」何を素材に出来ているように見えますか?
実はこれ、胡桃の木の樹皮で作ったものなんです。
この胡桃の樹皮で、手作りのアクセサリーを作ってみようというイベントが
8月19日(日)に開催されました!

上でご紹介したバッグを作ったのはこの方!
今回講師を引き受けてくださった近藤紀子先生です。
先生のように熟練の方はバッグのような大きなものを作れますが、
初心者には難しいので、今回は小さめのストラップ、ペンダントを作っていきます。



同じ長さに切りそろえた樹皮を十字にクロスさせるところから始めて、

四角の形に編んだら



この時点でこのように紐をつけておきます。
この紐の長さによって、ストラップとペンダントのどちらにもすることができます。
紐を取り付けたあと、同じ四角の編み方を繰り返していくと…

こんな形になります!





編んだ樹皮の上に好きな色のビーズを通したら、ビーズを固定するため丸結びを作って

ストラップの完成♪



ペンダント用に、紐の長さを調節できる結び方も教えていただきました。

続いて、違う形のアクセサリーに取り掛かります!

こちらはゆるくしておくと、編み目が花びらのような形ですが

きゅっと絞るとこんなふうになります。

作り方がちょっとややこしくなってくるので、
一度説明があった後もほとんど全員の方が先生に教えてもらっていました。

このくらいまで編んだら、



端の部分をカットして形を整え、





好きな色のビーズを通して完成です!

ありがとうございました!

この胡桃アクセサリーを作るには、まず幹から皮をはぐ作業が必要になったり、
手編みの作業自体も手間がかかるので、職人さんなどが作った物が商品として
販売されると大変高価になるそうです。
実際に調べてみると10万円、35万円など、びっくりするような高価な物がたくさんありました。
山間部に住んでいる方なら普段何気なく見ている木々でも、手間ひまをかけてあげると
大変価値があるものになるのですね。

地元の人は、謙虚に「なんにもないとこ」なんて言いますが、山の暮らしには素敵なものがいっぱいです!
今回の参加者さんにとっても、世界にひとつしかない大切なアクセサリーができました♪
胡桃アクセサリー作りは第2弾も計画中で、今年の12月頃に、と話が進んでいます!
挑戦してみたい方はホームページの「新着情報」をぜひチェックしてください♪

| 個人情報保護法方針 サイトマップ トップページ
Copyright © The Life Support Npo in Kawaguchi. All rights reserved.